2019年、明けましておめでとうございます。

2019年がみなさまにとりまして、よき1年になりますよう、日本橋ナンワギャラリースタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年もまた何卒、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、年末年始、いかがお過ごしでいらっしゃいましたか?

クリスマスが終わったとたんに、全国レベルでお正月モードになる変わり身の早さには、毎年、感嘆しきりですが、今年のお休みは比較的長いお休みで、ゆっくりとお正月を満喫された方も多かったのではないでしょうか。

当ギャラリーブログ担当者も、正月三が日は家で静かに過ごしましたが、休みが終わる日曜日になって、「正月も終わりか、、。そうだ、上野に行こう!」と、どこかで聞いたようなフレーズを唐突に思い出し、「新年初芸術鑑賞巡り」と称して元気よく上野方面に繰り出しました。

最初に訪ねたのは東京都美術館。なぜ、東京都美術館か?

東京都美術館では、20日まで「ムンク展」が開催されています。

あぁ、ムンク展ね、、と思われたかも多いかと思いますが、実は、当ブログ筆者は、「書」にとても興味がありまして、同時に開催されていた「上野アーティストプロジェクト2018 見る、知る、感じるー現代の書」を目指していたのです。

しかも、このプロジェクトはその日が最終日。「これを逃したら後がなぁい!」、と、何を今更そんなに焦っているのだ!と言わんばかりに早足で向かいました。

なぜ、そんなに焦る必要があるのか、理由があります。

元来、ちょっと「せこい」当ギャラリーブログ筆者は、「ムンク展のチケットの半券で「書」も観覧可能」であることを知ったとたん、「ほ~、そーかそーか、じゃぁ、まずはムンク展を観ますかね~。」と、呑気に構えつつ、内心、「いっか~ん、もう昼ではないか!まずは、パパッとムンクを観て(ムンクさん、すみません)半券をゲットし、その後ゆっくり書を堪能するには、ギリギリの時間だ!」との理由で焦っていたのです。

いや、新年早々、浅ましい。

しかし、現地に到着しますと、人気の「ムンク展」は10分待ちの列が出来ています。

「10分待ち」。なんとかランドの2時間待ちだって耐えた自分だ。こんなのは屁でもない、、でも、きっと場内はすごい人だろうなぁ、、と想像し、急遽、ムンク展をパスし、「書」一本に絞りました。

500円を出してチケットを購入です。

        (画像が悪くてすみません。)

この展示会は、2017年から始まった「上野アーティストプロジェクト」の第2弾とのこと。

テーマは「書の鑑賞」とのことで、6名の作家(秋山和也、大橋洋之、金敷駸房、菊山武士、鈴木響泉、千葉蒼玄)の作品を通して、現代の書の楽しみ方をさぐる試みのようです。

書と併せて、大型テレビモニターでは作家の創作過程が映し出されています。緊張感が漂っています。

作家の個性が反映した作品は大きさ、形を問わず、どれも繊細かつ大胆。

1つの作品を何分も眺めたり、行きつ戻りつなんども眺め、あっという間に時間が過ぎてゆきました。

このような素晴らしい作品を前に、「あぁ、私もやっぱりもう少しお習字、頑張ろうかなぁ~。」と、前向きだけど、果てしなくお門違いなやる気を奮い起こす筆者でありました。

一方、「ムンク展」を諦めた(諦めたんかい!?)筆者は、とぼとぼと、また上野駅方向に歩きながら、今夜の夕食はどうするかね~と考えておりました。

もう少しで駅に到着する国立西洋美術館の前で、「ルーベンス展」をやっていることに気がつきました。

(行きにもルーベンス展の看板は見ているはずですが、その時は、「ムンクムンク」と呪文を唱えていたらしく、スルーしておりました。)

「ルーベンス」展の大看板には、「エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち」が、、。

すごいね~~、大きいね~~、空いてんのかな?と簡単な自問自答を経て、チケット売り場に行きますと、殆ど並んでいない、、、。混んでないかも?

「ムンク観なかったから、ルーベンスでもみっか、、。」 あまりにも行き当たりばったりの筆者。「芸術は偉大だ!」などとしたり顔でいる筆者は、実はこの程度なのです。

若干の受け売り情報といたしまして、今回の展示はルーベンス展としては過去最大規模だそうです。数点の大作も含めた45作品を、古代彫刻や16世紀イタリア芸術の作品とともに、イタリアとの関わりを中心に展示しています。

また、ルーベンスは17世紀のバロック時代、ヨーロッパを代表する画家であると同時に複数の言語を操る外交官でもあり、スペイン、イギリス国王からはナイトの爵位を賜るほどの高い教養と輝かしい業績を持ったマルチな人物だったようです。

さて、チケット購入後、中に入りますと、ロビーではアルトウェルペン(アントワープ)のアントワープ聖母大聖堂にある「キリストの降架」をはじめとするルーベンスの作品が巨大4Kモニターに映し出されています。

6分間のビデオですが、画像の大きさ、美しさに加え、ちょうどよい骨休にもなり、丸々2回、ベンチに座って眺めておりました。

そのまま座っていると恐らく眠ってしまうので、気持ちを奮い立たせて、いざ、会場内へ、、。

お~~、重厚な作品ばかりだ~~。ルーベンスさんは、こういうお顔立ちでしたか、、。あら、この「幼児イエスと洗礼者聖ヨハネ」、二人ともコロコロしてて可愛いわ。お~っと!、怪獣もいますよ~。この頃の女性はあんまりちゃんと服を着ないのだろうか、、。天使がたくさんいるなぁ、みんなぽちゃぽちゃだな、、。でも大人の天使はそこそこ筋肉質だ、、。

「真面目に観てるんかい!」とお叱りを受けそうですが、ちゃんと観てきました。

ただ、作品に圧倒されて、言葉が出ない、、というのが正直な感想です。

帰宅してから改めて出品作品リストの所蔵先を眺めました。

「世界各地に所蔵されているこれらの大作が、よくも日本に集まったものだなぁ、」と、感嘆し、「たとえ行き当たりばったりであったとは言え、この貴重な機会に恵まれたことは、2019年、最初のおめでたいことであったに違いない」と確信する筆者でした。

今年も多くの作家様、そして新しい作品との出会いを楽しみにしております。

ナンワギャラリーブログ担当者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご利用、ご来場、ありがとうございました

来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

月日が経つのは早いものですね。2018年のクリスマスもあっと言う間に過ぎ、ギャラリーは今、新年を迎える準備で慌ただしくしております。

皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

さて、本年も日本橋ナンワギャラリーをお引き立てくださいまして、誠にありがとうございました。

ギャラリーご利用の作家様をはじめ、ご来場のお客様、ギャラリー関係者のすべての皆様に、厚く御礼申し上げます。

今年は5月に新しいホームページを立ち上げ、少し(いえ、かなり)イメージチェンジを図りました。

おかげさまで展示に関するお問い合わせも徐々に増えており、スタッフ一同、来年に向けて期待を寄せているところです。

これからも、作家様とのコミュニケーションを大切にし、ご満足頂ける作品発表のお手伝いが出来ますよう、スタッフ一同、気持ちも新たにしております。

つきましては、何卒、今後とも日本橋ナンワギャラリーにご支援賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

新しい年が、みなさまにとってよき1年となりますように。

併せて、どうぞお体ご自愛の上、良い年末年始をお迎えください。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当

 

 

 

Bashi Can 無事に終了いたしました。

ハンドメイドマーケットにご来場頂いたお客様に、

改めて厚く感謝申し上げます。

12月に入り、寒さが本格的になってまいりました。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

12月7日からスタートした、ハンドメイドマーケット Bashi Canは昨日をもって、無事に終了いたしました。

3日間という短いイベントにも関わらず、大勢のお客様にお越しいただけたことに作家様と同様、ギャラリースタッフも大きな喜びを感じております。

誠にありがとうございました。

Velalika Candleさんによるワークショップ(ボタニカルジェルキャンドル)にも、沢山のお客様にご参加頂きました。

お客様の笑顔が溢れる楽しいワークショップとなり、イベント全体がとても盛り上がりました。

スタッフ一同、ワークショップに挑戦して下さったお客様に厚く御礼申し上げます。

ワークショップにご参加くださったお客様は、たいてい最初は、「私、不器用だから、ちょっと。」、「やったことないし、、」と、躊躇されます。

しかし、一旦、作り始めると、、、「楽しい!」、「こんなに簡単にできるのね!」と、感嘆されます。手作りは楽しいのです!

そして出来上がった自分の作品には、とても愛着を感じるようで、どなた様も作品を大事にお持ち帰りになります。

gelcandle1(初めてジェルキャンドルに挑戦した方の作品です。ゴールドの実と紫のスターチス、シャンパンゴールドのリボンが見事にマッチしています。)

Gelcandle2(ジェルキャンドルの灯は、とても静かです。)

個性溢れる、作品たち

今回のイベントには5名のキャンドル作家さん(Couronne(クーロンヌ)さん、Anomanocaris84さん、Petitemagie_hanaさん、ゆるっとキャンドルさん、OrangeandleRitaさん)が出品されました。

「キャンドル」と聞くと、みなさんはどのようなキャンドルを思い浮かべられますか?

小さなキャンドル?それとも大きなキャンドル?

可愛いキャンドル、それとも大人っぽいキャンドル?

それとも、キャンドル=蝋燭=お仏壇、といったイメージもあるかもしれません。

実際にギャラリーに並んだ5名の作家さんたちの作品は、全く趣きが異なり、作家さん同士、異なる作品に触れ、おおいに触発されたようです。

恐らく、ギャラリーにお越し頂いたお客様にも、キャンドルの「幅」を実感して頂けたのではないかと思います。(作品の詳細については、インスタグラムで「Bashi Can」にてお楽しみください。)

キャンドルイベントは、当ギャラリーにとって、初めての試みでした。

この経験を活かし、今後も面白いイベントも企画していきたいと、考えております。

みなさまからのご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

日本橋ナンワギャラリー ブログ担当者

 

 

 

クリスマスです!キャンドルの季節ですね!

BASHICAN,キャンドルマーケットが始まります。

みなさま、こんにちは。

早いですね!もう12月です。クリスマスももうすぐですね。

さて、日本橋ナンワギャラリー12月のイベントとして、7日(金)11時より、Hand Made Market – CANDLE MARKET 日本橋 BASHICANが始まります。

(この看板を目指していらして下さいね!)

「生活に灯りと彩りを」合い言葉に、6名のキャンドル作家が集まりました。

先週末、作家さんが集まり、ギャラリーの飾り付けをしました。

イベントが始まる7日には、各作家さんの個性溢れる美しいキャンドルが並ぶ予定です。

どうぞ、ご期待ください。

作品の展示の他、随時、ご希望の方には手作りキャンドル作りのワークショップを開催いたします。

「興味があるけど、やったことないなぁ、」、「是非やってみたい!」。そんな方は、どうぞ、ふるってご参加ください。(ワークショップは4時までとなっておりますので、お早めにお声がけ下さいね。)

なお、今回の展示には、このイベントにご賛同下さった陶芸家の畑生浩子さんも参加されることになりました。

キャンドルを置くための、色鮮やかな作品数点(小皿)を造って下さいます。(兵庫県西宮市で「陶浩庵」を主催しておられます。とても素敵なギャラリーです!)

Hirokochan1(個性的な形と色鮮やかな小皿とキャンドル)

また、キャンドルの他にも、ハーバリウムやリース、そして美しいアクセサリー(指輪)も出展されます。

各作家の作品をゆっくりご覧頂くと同時に、販売も致します。

師走はクリスマスや正月に向けて、日々が何となく気ぜわしくなりますね。

そんな12月の週末、一時、心温まるキャンドル作品に触れてみてはいかがでしょうか?

BASHICANについては、インスタグラムでも作家様の作品を紹介させて頂いております。どうぞ、ご覧下さい!!

ギャラリースタッフ一同、心よりみなさまのお越しをお待ちしております。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者

 

秋と言えば、、その2

芸術鑑賞(さかぎしよしおうさん)しました。

秋もますます深まって参りました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

「芸術の秋」、「食欲の秋」、「運動の秋」いずれも、今が宴たけなわといったところでしょうか。

筆者は前回、キーシンさんのピアノリサイタルをご報告しましたが、今回は、ギャラリー巡りでございます。

朝、友人と九段下で待ち合わせ、お堀沿いにたつギャラリー冊、さらには渋谷松涛にあるGALERIE ANDo(ギャラリエ アンドウ)にて開催されている、さかぎしよしおうさんの作品に触れました。

これぞ秋晴れ!九段下駅からお堀沿いに徒歩約10分。瀟洒なビルの1階にある「ギャラリー冊に到着。

ギャラリー冊では「2018年秋、工芸と美術の交わり 白と白 二人点 徳丸鏡子 さかぎしよしおう」が開催中。

パンフレットには、、「磁土の丹念、精密なたらし込み焼成した立体で、圧倒的な宇宙観を示し続けるさかざきよしおうと、白い、「花びらが生命のように燃える」焼き物で、部分と全体の一体となった造形を追い、「言祝ぎ」を謳歌する徳丸鏡子、この二人の異なる境地を紹介する。」(新見隆:武蔵野美術大学教授他)とあります。

「そうか、そうなんだ、」と、何がそうなのか、多分、真意は殆ど解かっていない筆者だと思いますが、とにかく作品を目の前にすると、その世界に引き込まれるような感覚に陥ります。

さかぎしよしおうさんの作品は、実に不思議な作品です。

「白い作品」が並ぶ静寂なギャラリーには緊張感も感じられます。

初めて目にする作品に、筆者は、ただ、だま~~って、鑑賞していました。

しばらく鑑賞した後、ギャラリー冊を出ました。ふ~~と一息つきます。

さて、次は、GALERIE ANDo(ギャラリエ アンドウ)にて開催されている「さかぎし よしおう展」です。

この日は最終日でした。

ギャラリー冊で拝見した作品とは全く異なる形、色使い(グレーイッシュなピンクや緑や青)です。

大きさにすれば、手のひらにすっぽりはいってしまうほどの作品です。

じ~~っと見つめていると、建物のようにも見えるし、細胞の集まりのようにも見えるし、、、フジツボのようにも見える、、(フジツボ?!)。

「むむむ、、芸術作品の正しい見方ってあるのだろうか、、、。」と今更、悩んでも仕方ありませんが、あれやこれや想像しながら眺めるのは楽しいものです。

その超独創的発想によって生み出されるさかぎしよしおうさんの作品は、日本のみならず、世界中のファンから常に注目され、今や手に入れるのも困難とか、、。

ギャラリーオーナー(安藤さん)のお話をうかがいながら、密かに「お家に飾るなら、あそこがいいなぁ、、、」などと、不遜にもそんなことを思う筆者であります。

秋晴れの1日、新しい作品に出会ったことで、普段とは違う、思考回路が脳内でつながりました。

楽しい1日でした。

日本橋ナンワギャラリー ブログ担当

 

秋と言えば、、

芸術の秋を大いに楽しみましょう。ついでに食欲の秋も!?

みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

早いもので、今年ももう、11月半ばを迎えようとしております。

秋も深まり、ありふれたフレーズではありますが、芸術の秋、食欲の秋など、何をするにも気持ちのよい季節であります。

当日本橋ナンワギャラリーブログ担当者としましても、何か心に響く芸術鑑賞がしたいものだと考え、今月、横浜みなとみらい大ホールで開催されました、エフゲニー・キーシンさんのピアノリサイタルに行ってまいりました。

普段から好んでピアノ曲を聴くブログ担当者ではありますが、これまで生の演奏を聴きに、わざわざホールまで行くことは数えても片手で足りる程度のことでした。

あまりに非日常的なイベントのため、数ヶ月も前から、リサイタルに行くとわかっていながらも、桜木町駅から歩く道々、「本当に、キーシンさんは横浜に来ているのだろうか?飛行機に乗ってきたのだろうか?どうやって会場まで来るだろう?キーシンさんは普通にバスとか乗っちゃうのだろうか?昼ごはんはちゃんと食べたのだろうか?」と、実にバカバカしいことを次から次へと真剣に考えるのですね。

さて、会場に到着しました。

初めてのみなとみらい大ホールです。

会場に入りますと、いやが上にも、「お~~、何だか凄いぞ!」とワクワクします!

さて、時間になりまして、キーシンさん、堂々の登場であります。

ピアノに向かって歩いております。観客にご挨拶なさっています。

「本物だろうか?」この期に及んでまだ、そういうことを考えてしまう自分はアホに違いありませんが、写真しか見たことがないブログ担当者としては、「遠い異国にすむあの写真の人が、手を伸ばせば届く(実際は全然届かないです)ところにいる」ことだけで、もう不思議でならないのです。

ここでお会いするのもやはりご縁だろうか、、などと考えてしまいます。

演奏になれば、もう、あとは、「おー、弾いてる弾いてる、キーシンさんが弾いてるぞぉ」と、聴き入るのみ。美しい音に溢れた空間を共有していることに、ひとしおの感動を覚えるのです。

演奏について難しいことは解りませんが、素晴らしいと思いました。

秋の一夜、まさに至高の「芸術の秋しちゃったわ、私!」でありました。

ちなみに、当ブログ担当者は、キーシンさんのことは著名ですばらしいピアニストであることは存じていましたが、特別、キーシンさんのファンということでありませんでした。

しかし、ご本人の生の演奏を聴くと、情が移るというか、気持ちが入るというか、またいつかリサイタルに行きたいな、と思ってしまいますね。

あさって、リサイタルあるんだよなぁ~~。どうしよう、、。

やっぱり、食欲の秋にしておこうかな、、。

anago (日本橋室町で食した穴子ちらしです。)

みなさまも、どうぞ、秋をお楽しみください。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者

 

 

佐藤敏己個展『世界遺産展』が終了しました

ご来場、誠にありがとうございました。

10月23日(火)からスタートした佐藤敏己個展『世界遺産展』が無事終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様には、厚く御礼申し上げます。

今回の個展では、「囲碁研究」の表紙として、長く囲碁ファンの方にも親しまれてきた数々の作品が、額装のほかに、掛け軸として初めて展示されました。satofujin

ご来場のお客様には、「あっ、これ見たことある!」と思われた作品も多かったのではないでしょうか?

今回、展示された作品は、これまで描かれた全作品のうちの、約半分と伺っております。

また近いうちに、当日本橋ナンワギャラリーにて佐藤先生の世界遺産展が開催されることを願っております。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当

 

 

佐藤敏己個展『世界遺産』展が始まりました。 

表紙イラストで世界を巡る旅 『世界遺産』展が始ました。

10月も半ばをすぎ、すっかり秋が深まって参りました。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、タイトルでもご案内させて頂きましたとおり、本日23日より、佐藤敏己先生の個展がスタートいたしました。

長らく、そして今もなお、「囲碁研究」の表紙を飾り続けている色鮮やかに描かれた佐藤先生の『世界遺産』展をどうぞご堪能ください。

sato1

さて、本日は急ではありますが、併せて佐藤先生ご自身による「手作りミニ掛け軸」ワークショップをご紹介させて頂きます。

ご鑑賞の記念に是非、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ワークショップご案内/佐藤敏己「手づくりミニ掛け軸講座」

泥大島や銘仙など昔着物の生地を使い、楽しいミニ掛け軸を作りませんか?
作り方は簡単。コツを掴めばどなたでも、ご家庭でも作ることが出来ます。
指導はユーキャン「囲碁研究」表紙イラスト水墨画でを描いている、佐藤敏己が丁寧に楽しく教えます。
先着6名様
ミニ掛け軸セット(¥1000)を購入しご参加くださいね。
開講10分前に会場にお集まりください。
見学はご自由です(無料)
日時:2018年10月27日(土)pm:2:00~5:00
会場:日本橋ナンワギャラリー

佐藤敏己個展『世界遺産』展が始まります。

2018年10月23日(火)11時よりスタートです。是非、お誘いあわせの上、日本橋ナンワギャラリーまでご来廊ください。

秋が深まる今日この頃、みなさまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

この度、長らくイラストレーターとしてご活躍されてきた佐藤敏己先生の初個展が開催される運びとなりました。

今回は、特に『世界遺産』展として、2006年より描き続けてこられた、ユーキャン『囲碁研究』の表紙イラストの中でも、選りすぐりの原画約50点を一挙公開いたします。

ホームページに掲載したシチリアノート地区を描いた作品は、バロック様式の町並がシチリア島の鮮やかな青い空を背景に、とても美しいですね。

佐藤先生のイラストには愛嬌満点の「天狗さま」「からす天狗くん」が登場し、日本や海外の世界遺産を巡ります。

作品は額に納められた原画のほかに、掛け軸(高さ80センチほどの大きさです)としても楽しめる作品が40点ほど並びます。

美しく表装された掛け軸は、布選びから作品完成まですべて佐藤先生ご自身で行われています。

本個展の詳細な情報は、佐藤敏己先生のサイトにも紹介されています。

今回、出展される作品の一部紹介のほか、個展について「天狗様」と「からす天狗くん」が楽しくおしゃべりしています。(可愛いですよ!)

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

日本橋ナンワギャラリー ブログ担当

 

 

可部美智子陶展が無事終了いたしました

ご来場、誠にありがとうございました。

「可部美智子陶展」(9月26日(水)~10月1日(月))が無事、終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様に、心より御礼申し上げます。

可部美智子先生をはじめ、関係者の皆様のご協力を得まして、無事、「可部美智子陶展」を終えることとなりました。

この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

可部先生は、多少、ご高齢(実際は、相当ご高齢ですが、そんな感じは微塵も感じさせないバイタリティーがあります。)ということで、個展計画当初は、先生には午後からギャラリーに詰めて頂く、といった認識でおりました。

しかし!いざ、実際に個展が始まりますと、先生はギャラリー開始の11時前にはしっかりスタンバイされ、ギャラリー終了の19時まで、殆ど途切れることのないお客様との対応に精力的にあたられていました。

本作品展では最新作品と併せて、これまで全陶展等で出品された大作も多数、展示され、会場は一層、華やいだ雰囲気に包まれました。

可部先生の作品を古くからご存知のお客様は、なつかしく作品をご覧になられたのではないでしょうか?

開催期間中には台風24号が発生し、交通機関にも大きな混乱が生じたにも関わらず、ギャラリーには常に多くのお客様にご来場頂き、可部先生をはじめ、スタッフ一同も、感動、感謝しております。

(ある雨の日のギャラリー)

可部先生は、時おり、「これが最後の個展です。」とおっしゃっていましたが、先生のご様子をうかがう限り、まだまだ現役続行して頂きたいと思うのは、当ギャラリースタッフのみならず、可部先生の関係者の皆様も同じではないかと想像しています。

近い将来、また可部先生の個展を日本橋ナンワギャラリーで開催できることを心から祈願して、今日のブログを終えさせて頂きます。

(万葉童子)

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者