BASHI-CAN 無事に終了いたしました

第2弾、日本橋キャンドルイベント、BASHI-CANは盛況のうちに終了いたしました。

Panel

 

 

(ゆるっとキャンドル主催のAi さんの作品です。このイベントのためだけに、今回、作成してくださいました。これもキャンドルワークの一つですが、繊細かつ、とてもラブリーな作品ですね。)

 

 

この度も、お忙しいなか、日本橋ナンワギャラリーにご来廊くださいまして、ありがとうございました。作家様に代わりまして、厚く御礼もうしあげます。

梅雨の季節に開催した3日間のイベントは、木曜日、金曜日は好天に恵まれ、また、最終日の土曜日には大雨に見舞われましたが、3日間を通して多くのお客様に足をお運びいただきました。
view1   view2(ワークショップで熱心にジェルキャンドルを作るお客様(左)。お客様と歓談中の作家様たち(右)。)

本作品展では、新たに1名のキャンドル作家様が加わってくださいました。

「初夏」をテーマにした今回の作品展も、異なる個性を持つ独創的なキャンドルが並び、キャンドルが持つ表現の幅広さを実感できる空間になっていたと思います。

各作家様の作品はインスタグラム BASHI-CANにて、より詳細にご覧頂けます。(BASHI-CANで検索してください。)

 

 

キャンドルを灯してみませんか?

皆様、キャンドルはお家でどのようにお使いになっておられますか?

もし、よければ是非一度、火を灯してみてください。

時々、お客様から、「展示されているキャンドルは、どれも美しく、また愛らしので、火を灯すのがもったいない。」とのご意見を伺います。

つまり火を灯すよりは、見て楽しむ観賞用に購入されるお客様がより多いということでしょうか。そのお気持ちはよく解ります。

キャンドル作家様たちの間では、「もちろん、見て楽しんで頂くのも嬉しいのですが、それと併せて、火を灯したからこそ見ることが出来るキャンドル独特の表情を、ゆっくり時間をかけて鑑賞していただくのも大変嬉しい」といった感想が聞かれます。

view3(これは、Orange Candle Ritaさんのインスタグラムにアップされた画像です。キャンドルに火を灯すことにより、次第にその表情を変えていく様子がお解かりかと思います。)

これはワークショップで作られたお客様の作品です。ジェルキャンドルに灯された炎が、微妙な色合いを浮かび上がらせていますね。

 

今回の作品展でご購入頂いたお客様、またご自宅に使わないキャンドルをお持ちの読者の皆様、もし、お時間がありましたら、夕暮れ時など、灯してみては如何でしょうか?

 

小さなキャンドルでも、火を灯したとたんに、周囲の空気感がふわ~っと変化するのが実感できるかと思います。

もちろん、火を灯す際には、火事に注意されてくださいね。火を灯したら、その場を離れない。離れるときには、面倒でも、火を消すよう、重ねてお願いいたします。

ワークショップにご参加くださいましたお客様、ありがとうございました。

今回のBASHI-CANでは、同時平行で2つのワークショップを開催いたしました。

一つはジェルキャンドルを使った、オリジナルジェルキャンドルづくり。(上記の写真にあるような作品です。)

ジェルキャンドルは、aromanocaris84主催のまのさんがご指導くださいました。

事前の準備が周到で、ご参加頂いたお客様は、様々に着色されたジェルキャンドルを使って、とても楽しそうにジェルキャンドルを作っておられました。

ご希望の参加者様には、最後に好みの香りを選んでいただき、さらに自分だけのキャンドルが完成しました。

そしてもう一つは「自分好みのアロマオイル作り」です。

アロマオイル、あるいはエッセンシャルオイルという言葉は、ご存知の方も多いと思います。

マッサージの際、キャリアオイル(ホホバオイルなど)に混ぜて使ったり、入浴時に湯船に数滴、入れて使うなど、からだの調子を整えることを目的によく使われる植物由来のオイルです。

また、アロマオイルは、キャンドルの香り付けにも用いられることもあります。(キャンドル専用の香料もあります。)

本イベントのキャンドル作家様の作品にも、多種多様な香りが使用されているように、キャンドルとアロマ(香り)は切っても切れない関係になっているんですね。

アロマオイルは、フローラル系、柑橘系、グリーン系、スパイス系など、オイルが抽出される植物の種類によって分類されています。

好みの香りを一つ選び、マッサージオイルなどを作ることもよくありますが、2種類以上の香りをブレンドすることによって、より複雑でかつ繊細な自分好みの香りを作ることができます。

このワークショップでは、アロマブレンディストの資格を持つ、Orenge Candle のRitaさんが、様々な香りを紹介しながら、一人ひとりの参加者様に、ゆっくりと香りを選んで頂き、香りの強弱を調整したのち、自分好みのアロマオイルを作って頂きました。

最後はホホバオイルに混ぜ、ロールオンボトルに入れて完成です。

出来上がったアロマオイルは香水のようにして使うことも出来ますし、手や指、あるいは爪のマッサージなどにもご利用頂けます。

複数の香りをブレンドすることによって元の香りが複雑に変化するのを、どの参加者さまも、とても興味深く感じておられたこと、自分好みのオイルをとても気に入っておられた様子が印象的でした。

今回の展示もあっという間に3日間が経ちました。

また機会があれば、再度、キャンドルイベントBASHI-CANを開催したいと考えております。

それまで、みなさま、どうぞご機嫌よう。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当

 

 

 

初夏です。BASHI CANが帰ってきました。

半年振りに日本橋キャンドル・BASHI-CANが開催されます。

DM

昨年、12月に初回のBASHI-CANを開催してから、半年が経ちました。

みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?

さて、来る6月13日(木)から15日(日)まで、「初夏」をテーマに再度、ここ日本橋ナンワギャラリーにてハンドメイドマーケットを開催いたします。

今回の作品展には前回のBSHI-CANのメンバー4名のほかに、アクセサリー作家2名、陶芸作家1名が出展し、初夏らしい、爽やかな新作品を発表いたします。

キャンドルって夏も使うの?

確かに、夏にキャンドル?と思われるかも知れません。

しかし、生活空間の中に、一つキャンドルの明かりを灯すだけで、その場の空気ががらりと変ります。本当です。

もちろん、インテリアとして飾るのもよしです。

夏の夕暮れ時、薄明かりの中に灯すキャンドルの光は、多忙な日常に一時、穏やかな時間と空間をもたらすとともに、心地よい香りや色によって、疲弊しがちな心が癒されます。

梅雨となり、少しじめじめとした日が続きますが、どうぞ、みなさま、お誘いあわせの上、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

インスタグラムでBASHI-CANを検索して頂けますと、各作家様の作品をご覧頂けます。

リース、アクセサリー、陶器も展示、販売いたします。

前回の展示と同様、今回も、初夏を意識したリース、アクセサリー、陶器を展示いたします。

陶器は、現在、関西地方でご活躍中の陶浩庵の主宰者、畑生浩子さんがご参加くださいます。

先月、開催された個展(@夙川)に、当ブログ担当者も伺いました。

従来のユニークかつ、日常でも使いやすい作品に加え、今回は麻炭を混ぜた粘土を用いた新作品が多く発表されました。

BASHI-CANでもその新作を中心に、キャンドルと陶器のコラボ的な展示を試みます。

重要:麻炭が練りこまれたお猪口で頂くお酒は、びっくりするほど、味が良くなります。もちろん、お水も美味しくなります。その訳は、ギャラリーにて直接、作者に伺ってみてください。)

Hiroko1

麻炭入り粘土で作られた、お猪口、方口、お湯のみです。自然な色が目を惹きます。

同じく、麻炭入り粘土で作られたキャンドルホルダーです。優しい色が広がります。(麻炭によって、作品がキラキラと光ります。)

アクセサリーは、夏らしい真珠を使った大人の雰囲気が溢れる作品から、爽やかな色使いのビーズや石、チャームを使ったピアスが並びます。

夏に向けて、浴衣にもぴったりの作品を是非、ご覧下さい!ぴあす

ワークショップを開催します。

本展示では6月13日(木)から15日(日)の3日間、開催されます。

その間、2つのワークショップを適宜、開催しております。

一つは、Anomanocaris84主催のmanoさんによる、初ワークショップです。

ジェルワックスを使った、涼しげなキャンドルのワークショップ。

30分ぐらいで初夏にぴったりのオリジナルキャンドルが出来上がります。

(BASHI-CANのインスタグラムでも詳細がご覧頂けます。)

もう一つは、アロマオイルを使ったワークショップです。

アロマオイルは、キャンドル作りにもよく利用されますね。

ラベンダーやローズマリーなどのメジャーな香りも、他のアロマオイルとブレンドすることによって、より魅力的な香りを放ちます。

アロマオイルは日々の健康維持にも役立つことが言われていますね。ご自分のラッキーアイテム的な香りを持つことで、上手に気持ちをコントロールしたり、つらい症状を緩和するなどの効果も期待できそうです。

ワークショップでは、ロールオンボトルにブレンドしたアロマオイルとをホホバオイルを入れたものをお持ち帰り頂きます。

アロマオイルのブレンドには、アロマブレンディストの資格を持つ、キャンドルアーティストのRITAさんが丁寧に対応しますので、初めてでも心配はありません。

むしろ、一度やり始めると、楽しくなりますよ!

いずれのワークショップも、随時、開催しておりますので、どうぞ、お気軽にお声をおかけください。

みなさまのお越しをお待ちしております。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者