秋と言えば、、その2

芸術鑑賞(さかぎしよしおうさん)しました。

秋もますます深まって参りました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

「芸術の秋」、「食欲の秋」、「運動の秋」いずれも、今が宴たけなわといったところでしょうか。

筆者は前回、キーシンさんのピアノリサイタルをご報告しましたが、今回は、ギャラリー巡りでございます。

朝、友人と九段下で待ち合わせ、お堀沿いにたつギャラリー冊、さらには渋谷松涛にあるGALERIE ANDo(ギャラリエ アンドウ)にて開催されている、さかぎしよしおうさんの作品に触れました。

これぞ秋晴れ!九段下駅からお堀沿いに徒歩約10分。瀟洒なビルの1階にある「ギャラリー冊に到着。

ギャラリー冊では「2018年秋、工芸と美術の交わり 白と白 二人点 徳丸鏡子 さかぎしよしおう」が開催中。

パンフレットには、、「磁土の丹念、精密なたらし込み焼成した立体で、圧倒的な宇宙観を示し続けるさかざきよしおうと、白い、「花びらが生命のように燃える」焼き物で、部分と全体の一体となった造形を追い、「言祝ぎ」を謳歌する徳丸鏡子、この二人の異なる境地を紹介する。」(新見隆:武蔵野美術大学教授他)とあります。

「そうか、そうなんだ、」と、何がそうなのか、多分、真意は殆ど解かっていない筆者だと思いますが、とにかく作品を目の前にすると、その世界に引き込まれるような感覚に陥ります。

さかざきよしおうさんの作品は、実に不思議な作品です。

「白い作品」が並ぶ静寂なギャラリーには緊張感も感じられます。

初めて目にする作品に、筆者は、ただ、だま~~って、鑑賞していました。

しばらく鑑賞した後、ギャラリー冊を出ました。ふ~~と一息つきます。

さて、次は、GALERIE ANDo(ギャラリエ アンドウ)にて開催されている「さかざき よしおう展」です。

この日は最終日でした。

ギャラリー冊で拝見した作品とは全く異なる形、色使い(グレーイッシュなピンクや緑や青)です。

大きさにすれば、手のひらにすっぽりはいってしまうほどの作品です。

じ~~っと見つめていると、建物のようにも見えるし、細胞の集まりのようにも見えるし、、、フジツボのようにも見える、、(フジツボ?!)。

「むむむ、、芸術作品の正しい見方ってあるのだろうか、、、。」と今更、悩んでも仕方ありませんが、あれやこれや想像しながら眺めるのは楽しいものです。

その超独創的発想によって生み出されるさかざきよしおうさんの作品は、日本のみならず、世界中のファンから常に注目され、今や手に入れるのも困難とか、、。

ギャラリーオーナー(安藤さん)のお話をうかがいながら、密かに「お家に飾るなら、あそこがいいなぁ、、、」などと、不遜にもそんなことを思う筆者であります。

秋晴れの1日、新しい作品に出会ったことで、普段とは違う、思考回路が脳内でつながりました。

楽しい1日でした。

日本橋ナンワギャラリー ブログ担当

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です