秋と言えば、、

芸術の秋を大いに楽しみましょう。ついでに食欲の秋も!?

みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

早いもので、今年ももう、11月半ばを迎えようとしております。

秋も深まり、ありふれたフレーズではありますが、芸術の秋、食欲の秋など、何をするにも気持ちのよい季節であります。

当日本橋ナンワギャラリーブログ担当者としましても、何か心に響く芸術鑑賞がしたいものだと考え、今月、横浜みなとみらい大ホールで開催されました、エフゲニー・キーシンさんのピアノリサイタルに行ってまいりました。

普段から好んでピアノ曲を聴くブログ担当者ではありますが、これまで生の演奏を聴きに、わざわざホールまで行くことは数えても片手で足りる程度のことでした。

あまりに非日常的なイベントのため、数ヶ月も前から、リサイタルに行くとわかっていながらも、桜木町駅から歩く道々、「本当に、キーシンさんは横浜に来ているのだろうか?飛行機に乗ってきたのだろうか?どうやって会場まで来るだろう?キーシンさんは普通にバスとか乗っちゃうのだろうか?昼ごはんはちゃんと食べたのだろうか?」と、実にバカバカしいことを次から次へと真剣に考えるのですね。

さて、会場に到着しました。

初めてのみなとみらい大ホールです。

会場に入りますと、いやが上にも、「お~~、何だか凄いぞ!」とワクワクします!

さて、時間になりまして、キーシンさん、堂々の登場であります。

ピアノに向かって歩いております。観客にご挨拶なさっています。

「本物だろうか?」この期に及んでまだ、そういうことを考えてしまう自分はアホに違いありませんが、写真しか見たことがないブログ担当者としては、「遠い異国にすむあの写真の人が、手を伸ばせば届く(実際は全然届かないです)ところにいる」ことだけで、もう不思議でならないのです。

ここでお会いするのもやはりご縁だろうか、、などと考えてしまいます。

演奏になれば、もう、あとは、「おー、弾いてる弾いてる、キーシンさんが弾いてるぞぉ」と、聴き入るのみ。美しい音に溢れた空間を共有していることに、ひとしおの感動を覚えるのです。

演奏について難しいことは解りませんが、素晴らしいと思いました。

秋の一夜、まさに至高の「芸術の秋しちゃったわ、私!」でありました。

ちなみに、当ブログ担当者は、キーシンさんのことは著名ですばらしいピアニストであることは存じていましたが、特別、キーシンさんのファンということでありませんでした。

しかし、ご本人の生の演奏を聴くと、情が移るというか、気持ちが入るというか、またいつかリサイタルに行きたいな、と思ってしまいますね。

あさって、リサイタルあるんだよなぁ~~。どうしよう、、。

やっぱり、食欲の秋にしておこうかな、、。

anago (日本橋室町で食した穴子ちらしです。)

みなさまも、どうぞ、秋をお楽しみください。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者

 

 

佐藤敏己個展『世界遺産展』が終了しました

ご来場、誠にありがとうございました。

10月23日(火)からスタートした佐藤敏己個展『世界遺産展』が無事終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様には、厚く御礼申し上げます。

今回の個展では、「囲碁研究」の表紙として、長く囲碁ファンの方にも親しまれてきた数々の作品が、額装のほかに、掛け軸として初めて展示されました。satofujin

ご来場のお客様には、「あっ、これ見たことある!」と思われた作品も多かったのではないでしょうか?

今回、展示された作品は、これまで描かれた全作品のうちの、約半分と伺っております。

また近いうちに、当日本橋ナンワギャラリーにて佐藤先生の世界遺産展が開催されることを願っております。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当

 

 

佐藤敏己個展『世界遺産』展が始まりました。 

表紙イラストで世界を巡る旅 『世界遺産』展が始ました。

10月も半ばをすぎ、すっかり秋が深まって参りました。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、タイトルでもご案内させて頂きましたとおり、本日23日より、佐藤敏己先生の個展がスタートいたしました。

長らく、そして今もなお、「囲碁研究」の表紙を飾り続けている色鮮やかに描かれた佐藤先生の『世界遺産』展をどうぞご堪能ください。

sato1

さて、本日は急ではありますが、併せて佐藤先生ご自身による「手作りミニ掛け軸」ワークショップをご紹介させて頂きます。

ご鑑賞の記念に是非、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ワークショップご案内/佐藤敏己「手づくりミニ掛け軸講座」

泥大島や銘仙など昔着物の生地を使い、楽しいミニ掛け軸を作りませんか?
作り方は簡単。コツを掴めばどなたでも、ご家庭でも作ることが出来ます。
指導はユーキャン「囲碁研究」表紙イラスト水墨画でを描いている、佐藤敏己が丁寧に楽しく教えます。
先着6名様
ミニ掛け軸セット(¥1000)を購入しご参加くださいね。
開講10分前に会場にお集まりください。
見学はご自由です(無料)
日時:2018年10月27日(土)pm:2:00~5:00
会場:日本橋ナンワギャラリー

佐藤敏己個展『世界遺産』展が始まります。

2018年10月23日(火)11時よりスタートです。是非、お誘いあわせの上、日本橋ナンワギャラリーまでご来廊ください。

秋が深まる今日この頃、みなさまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

この度、長らくイラストレーターとしてご活躍されてきた佐藤敏己先生の初個展が開催される運びとなりました。

今回は、特に『世界遺産』展として、2006年より描き続けてこられた、ユーキャン『囲碁研究』の表紙イラストの中でも、選りすぐりの原画約50点を一挙公開いたします。

ホームページに掲載したシチリアノート地区を描いた作品は、バロック様式の町並がシチリア島の鮮やかな青い空を背景に、とても美しいですね。

佐藤先生のイラストには愛嬌満点の「天狗さま」「からす天狗くん」が登場し、日本や海外の世界遺産を巡ります。

作品は額に納められた原画のほかに、掛け軸(高さ80センチほどの大きさです)としても楽しめる作品が40点ほど並びます。

美しく表装された掛け軸は、布選びから作品完成まですべて佐藤先生ご自身で行われています。

本個展の詳細な情報は、佐藤敏己先生のサイトにも紹介されています。

今回、出展される作品の一部紹介のほか、個展について「天狗様」と「からす天狗くん」が楽しくおしゃべりしています。(可愛いですよ!)

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

日本橋ナンワギャラリー ブログ担当

 

 

可部美智子陶展が無事終了いたしました

ご来場、誠にありがとうございました。

「可部美智子陶展」(9月26日(水)~10月1日(月))が無事、終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様に、心より御礼申し上げます。

可部美智子先生をはじめ、関係者の皆様のご協力を得まして、無事、「可部美智子陶展」を終えることとなりました。

この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

可部先生は、多少、ご高齢(実際は、相当ご高齢ですが、そんな感じは微塵も感じさせないバイタリティーがあります。)ということで、個展計画当初は、先生には午後からギャラリーに詰めて頂く、といった認識でおりました。

しかし!いざ、実際に個展が始まりますと、先生はギャラリー開始の11時前にはしっかりスタンバイされ、ギャラリー終了の19時まで、殆ど途切れることのないお客様との対応に精力的にあたられていました。

本作品展では最新作品と併せて、これまで全陶展等で出品された大作も多数、展示され、会場は一層、華やいだ雰囲気に包まれました。

可部先生の作品を古くからご存知のお客様は、なつかしく作品をご覧になられたのではないでしょうか?

開催期間中には台風24号が発生し、交通機関にも大きな混乱が生じたにも関わらず、ギャラリーには常に多くのお客様にご来場頂き、可部先生をはじめ、スタッフ一同も、感動、感謝しております。

(ある雨の日のギャラリー)

可部先生は、時おり、「これが最後の個展です。」とおっしゃっていましたが、先生のご様子をうかがう限り、まだまだ現役続行して頂きたいと思うのは、当ギャラリースタッフのみならず、可部先生の関係者の皆様も同じではないかと想像しています。

近い将来、また可部先生の個展を日本橋ナンワギャラリーで開催できることを心から祈願して、今日のブログを終えさせて頂きます。

(万葉童子)

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者

可部美智子陶展がスタートしました!

6年ぶりの可部美智子陶展です。

(不動心)

雨の降る少々肌寒い日が続いております。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、先週も予告させて頂いた「可部美智子陶展」が昨日9月26日よりスタートいたしました。

あいにくの雨模様にもかからず、6年ぶりに開催された可部先生の作品展には、11時のスタートから多くのお客様にお越し頂き、可部先生をはじめ、スタッフ一同には、大変嬉しいスタートとなりました。

今回は大小のお人形や食器等を含め、約70点の作品が展示されております。

一部をご紹介いたしましょう。

(平城京の春)

 

可部先生の作品には、画像では伝えきれない温かさや人の気持ちを和ませる不思議な力がありますね。

そして、その大小、とりまぜた陶器の人形が一同に並ぶ様は、静かに感動的でもあります。

夕方5時からはパーティーが催され、可部先生の陶芸製作に関わる多くのお客様が可部先生との久しぶりの再会を楽しんでおられました。

 可部美智子陶展は、10月1日(月曜日)まで   開催されております。

また、可部先生は毎日、午後より在廊されます。

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

ナンワギャラリーブログ担当

 

「可部美智子陶展」開催のお知らせ

「可部美智子陶展」が開催されます

猛暑の8月も終わり、そろそろ秋の気配が漂う今日この頃でございます。

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、日本橋ナンワギャラリーでは、9月26日(水)から10月1日(月)まで「可部美智子陶展」を開催いたします。

kabeDM

ホームページあるいは、DM等ですでにご存知の方も多数いらっしゃると存じますが、改めて、本ブログでもご紹介させて頂きます。

可部先生はこれまで全陶展における文部大臣奨励賞受賞を始め、数々の輝かしい実績を積み重ねてこられました。

作品展も東京、大阪、京都を中心に全国規模で開催され、可部先生の作品には多くのファンがおられると聞いております。

今回の可部先生の個展は6年ぶりの開催となります。

86歳とは思えぬ、気力・体力ともに充実した作品が約70点、一挙展示されます。是非とも、この機会にご鑑賞ください。

個展期間中、可部先生は午後、在廊されます。

また、個展初日には17時より、オープニングパーティーもございます。

どうぞ、お誘いあわせのうえ、日本橋ナンワギャラリーまでお運びくださいませ。

ギャラリースタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

ディズニーセル画販、入荷いたしました

ディズニーのセル画はいかがでしょうか?

残暑お見舞い申し上げます。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

今年は梅雨が短く、夏は猛暑が続きました。ここ2,3日で、暑さも多少、和らぎ始めたようで、ホッとしているブログ担当者です。

さて、日本橋ナンワギャラリーでは、このたび、ご縁ありましてディズニーのセル画4点、ピンバッチ画1点入手し、販売する運びとなりました。

すべて鑑定書付となっております。

1点目は“Peter Pan” “Playful Pixie” です。シンプルな白をバックに、ティンカーベル姿が生き生きと描かれていますね。

1953年に映画化されたPeter Panからのワンシーンで、5000枚のLimited Editionとして、1996年に製作されています。

tikerbell(値段:¥85,000-)

次のセル画(2枚)は“Disney’s Aladdin The Series”で1994年から1995年、テレビ放映された“Fowl Weather”(右)と、“Moonlight Madness”からのワンシーンです。貴重な作品となっています。

Jasmin(値段:各¥35,000-、箱なし)

次は“Winnie The Pooh”“Summer Games”です(下の写真右側)。1998年に製作された5000枚の限定セル画です。”Summer Games”は、4枚のセル画で構成されている”The Many Seasons of Winnie the Pooh”のうちの1枚目にあたります。”Walt Disney Productions’ 1983の短編アニメ、”Winnie the Pooh and a Day for Eeyore”(プーさんとイーヨーの一日)に描かれたプーと「棒投げ遊び」をするクリストファーロビンの姿を意匠化したものとされています。

最後の作品(下の写真左側)は、”Who Framed Roger Rabbit” Pin Collectionです。1998年、10周年を記念して作られた1998セット限定のピンコレクションです。本作品は999番目にあたります。7つのピンはいずれもカラフルなエナメル仕上げで、バックに描かれたToontownを背景に、それぞれのピンが配置されています。7つのピンは、Roger Rabbit、Jessica Rabbit、Baby Herman、Benny the Cab、Bongo the Gorilla Doorman、Smart Guy the Weasel Henchman、”Who Framed Roger Rabbit 10th Anniversary”のタイトル、となっています。

Phoo(値段:Roger Rabbit ¥8000-、”Summer Games” ¥35,000-  いずれも箱なし)

ご興味のある方、是非、一度、ギャラリーにて現物をご覧くださいませ。

また、商品に関するお問い合わせは、下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

電話:03-3241-3927

E-mail: toiawase_nanwag@nanwagallery.jp

 

 

 

常設展のご案内

常設展も開催しております。

常設展1
梅雨にしては暑い日々が続いております。

みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

いつも、本ブログへ起こし頂きまして誠にありがとうございます。

 一週間ぶりのブログ更新となる本日は、日本橋ナンワギャラリー常設展のご案内させていただきます。

当ギャラリーでは、作品展が開催されていない期間、平日の10時から5時まで、常設展を開催しております。

常設展2

日本橋でのお買物の合間、あるいはお仕事の合間の一時、絵に囲まれた静かな空間でごゆっくりご鑑賞、ご歓談頂けます。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

作品は油絵が中心となっておりますが、その他にも、随時、日本画やセル画、あるいは陶器等を置いてございます。

現在、若干ではございますが、ディズニーキャラクター(ティンカーベル、アラジン、クマのぷーさん)のセル画を販売しております。

セル画2

(セル画に関するご質問は、下記問い合わせメール宛て、またはお電話にてお気軽にご連絡ください。)

E-mail:toiawase_nanwag@nanwagallery.jp

電話:03 – 3241 – 3927(月曜日~金曜日 10時~5時)

セル画1

みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

日本橋ナンワギャラリーブログ担当者

「版の会展」が終了いたしました

hannokai4
ご来場ありがとうございました!

紫陽花の花がそこここで咲きはじめました。(綺麗ですね!)

hannokai2               (ここにも素敵な紫陽花が!)

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、先週5月22日(火)から始まりました「版の会展」は、昨日28日(月)をもちまして無事、終了いたしました。

ご来場頂きましたお客様に、厚く御礼申し上げます。

hannokai3

日本橋ナンワギャラリーではすっかり常連となった「版の会展」。

今年の作品もすばらしい作品ばかりでした。ご覧下さいましたみなさまも深く、感動されたのではないでしょうか?

hannokai5

本ブログでは、今回の作品展で発表された作品を、一部ではありますが載せております。

改めて、お楽しみ頂ければ幸いです。

hannokai5 hannokai6

hannokai7

日本橋ナンワギャラリーブログ担当